<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ガガガリ。




d0079151_1532776.jpg



六本木の夜が始まろうかという今。エネルギー切れで帰ってきました。
兎角、とどめのドンキホーテは効いた。まだ頭の中が「ドンドンドン♪」いってます。

何をしてたかって「ガガガリ」。
ガガ狩りとはかなり失礼ですが、つまりは現在来日中のGagaを探していたのです。冗談です。

Gagaが大好きな友達は、先週Gagaが六本木でしゃぶしゃぶを食べたと聞いたらしく。
ということは宿泊先はリッツかハイアットとふみ、せめて近くにいたいと思ったようです。

明朝の情報番組に生出演するらしいGagaを、彼は有給休暇をとって観に行くと。ヤツは本気です。
健闘を祈ってあげましょう。実は私も行きたいんですけどね。ミーハーなんで。写メを待つ!









六本木通りでタクシーに乗った友達を見送り。一人で音楽を聴きながら家路を歩いているとOwl Cityの曲が流れた。Galaxies。
なんだか六本木ってギャラクシーかも、なんて思う。ギラギラしているので苦手な人も多い町だけれど。
東京のカオスで、気を抜いたら吸い込まれそうで、美しく表現するなら宇宙の銀河だな、なんて思ったりします。
[PR]

by another29 | 2011-06-28 02:45 | ■Life

SYNTHESIS

d0079151_22565397.jpg


先週末、休み返上で働いた分の代休。平日を休む、というのは土日の休みとは感覚が違って異常な幸福感があります。
ただ寂しいのは、なにぶん平日なので一緒に遊んでくれる人がいないということ。。でもまぁ、ひとりでのんびり過ごしました。

まずはMOTへ。このブログにも何回か書いた大好きな名和さんの個展を観に行ってきました。SYNTHESIS(合成)という表題。
実は仕事で新しくお会いした方が名和さんの製作に携わっていたとのことで!名和さんの話や作品製作の話を聞かせて頂いて。
それありきで観に行ったものですから、面白さは倍増でした。本当に素敵なものを創る方です。
作品のアプローチが科学的で、ありそうでない微妙で絶妙な感覚。そして繊細な美しさ。是非観に行ってみてください。




d0079151_2312698.jpg
KOHEI NAWA
SYNTHESIS



2011.6.11~8.28
MOT [東京現代美術館]

ww.mot-art-museum.jp/koheinawa



OFFICIAL WEBSITE:
www.kohei-nawa.net







d0079151_23204326.jpg


昼過ぎに帰宅して近所の蕎麦屋へ。土日のお昼ごはんに一人でよく行くお店です。ここに来るのも残すところ僅か数日。
引越のご挨拶を。でも3年後には戻るとの報告も。ちょっとでも離れるのが寂しいほど大好きな麻布十番。人情も町の雰囲気も。
でも一番気に入っているのは…漢字の並びの美しさ、です。毎朝の出勤時、駅名看板を見ては未だにうっとりしています。






筋肉痛になる動画。そんなタイトルで友達が送ってくれた動画です。確かに。。見てて疲れたので皆さんにも疲れて頂こうかと…


[PR]

by another29 | 2011-06-23 00:48 | ■Life

VIA TOKYO TOWER

d0079151_1215663.jpg




人生は小説よりも奇なり。とはよくいったもので。
予測不能の人生とはいえ、びっくりにも限度が。
私は先日「死」と闘いました。

夜明け前、息苦しくて目が覚める。
驚いたことに呼吸ができない。
救急車を呼びたくても電話がかけられない状況でした。

iPhone片手にのたうちまわる。
少しずつ呼吸ができるようになったものの、頑張っていないと呼吸ができない。
怖くて泣きました。笑

とりあえず病院に行こうと。
そんな状況下にありながら思ったこと。
「どうせなら、東京タワーが見える病院で最後を迎えたい。」

麻布十番から東へ徒歩15分。
三田というエリアにその病院はありました。
駆け込んで早急処置がとられて私は生きながらえました。

原因は気胸(肺がつぶれる病気)でした。
前回の顔面神経麻痺に続き、変な病気にばかりかかるなぁと。

会社ではひと騒動あったりと、周りの皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。
すみませんでした。






友達がメールで送ってくれた、お見舞い曲。名曲Liberty。しかも鈴木雅之がカバーしたやつ。
渋過ぎるよ。笑 でも感動しました。本気で死に目にあったから、生きてるってだけで有難い今だから余計。ありがとうね。
[PR]

by another29 | 2011-06-19 02:06 | ■Life

あと23日

d0079151_23541798.jpgd0079151_052037.jpg




横浜市内の鶴ヶ峰という町にある実家にて。SxLによる設計だけあって構造はしっかりなのが自慢。そんな家の内装リノベーション。
壁と間柱と巾木の塗装をしました。施工会社のみなさまに頭を下げたくなるほどの重労働でした。今さら筋肉痛に襲われています。
疲れた…とはいえ、塗装面積はまだまだ広大。なかでも一番辛いであろう天井。大梁も待ち構えています。いつ終わるのだろう。











d0079151_0345111.jpg
Dinner


ひと仕事終えて帰宅した直後、
近所の友達からの夜ゴハンのお誘い。

何でも作るよというので
タコとキノコが食べたいとオーダー。
その結果が…これです。
ストレート過ぎるメニューです。
愛情込めて作ってくれたと思えば…まぁ、いいか。
いいえ、ありがとう。








d0079151_0432440.jpg

d0079151_0431711.jpg



料理の腕は、ともかく。彼女の本業はフォトグラファーなので。即席で素敵なグラフィッックを作ってくれました。
30代になってから、肌に潤いを無くしてカサカサになっているような私を、ここまでマシな様子でとらえてくれるのだから天才。
Another+の「+」に、麻布十番の「十」をかけてくれたのはナイスな計らいです。そして10周年。完璧なシナリオです。
2005年に設立したAnother+という建築士事務所。2015年に10周年、ということでその年に向けてプロジェクトを進行中です。
見通しが確実になったので公表すると、そのプロジェクトとは、麻布十番での店舗開業。ご多分に漏れず、酒が飲める飲食店です。
私と関わってくれた友人や知人。みんながいつでも集って楽しめる場所の提供ができたら最高に幸せなんじゃないかなと。
皆さんに楽しんでもらえると信じながら準備中。協賛頂く皆さんにはもうお世話になっていますが!引き続き宜しくお願いします!
[PR]

by another29 | 2011-06-13 01:10 | ■Life

ラストサラリーマン

d0079151_312147.jpg


設計事務所には何かとモノが溜まるようです。処分せざるを得ない状況。しかしながら…捨てたらバチが当たりそうなものばかり。
もったいない、ただそれだけでリサイクルを試みました。記念すべき1作品目はテーブル。釘もネジも使っていません。
まるで職人技。そんな訳はなく、アロンアルファで組み立てた品物。喫煙スペースに。みんながコーヒー飲みながら寛げるように。









d0079151_22254259.jpg日清どん兵衛 Wonderwallの徹夜味


先週は会社での送別会でした。
私が初めて採用を決意したアシスタントの。

シメの挨拶。泣くつもりなんかなかったのに。
喋りだす前から感極まって大号泣する始末。
飲み過ぎたのか。そうではなくて、
共にツライ状況を乗り越えた場面が思い出されたからです。
それだけに、情が。長く勤めてくれてありがとう。

このパロディどん兵衛。スタッフ渾身のPhotoshop加工。
「熱湯5分」の代わりに「熱血5年」とはうまいもんです。
素晴らしい出来ですよね!
[PR]

by another29 | 2011-06-08 03:57 | ■Life

引越はいつも。

d0079151_0182270.jpg



ダンボールに囲まれて暮らしています。キレイ好きなのですが、ここまで雑多になると逆に落ち着いたりするのはなんでですかね。
引越は来月なのに気が急いてちょっとずつ荷造りをしている毎日です。そして自分で決めたとはいえ、寂しいなとも思います。
大好きな麻布十番とお別れです。十番の皆さん、お世話になりました!(でもまた東京に戻る際は十番と決めているので宜しくです)







初の一人暮らしは17歳でした。前に進める!と意気込むが所詮は子供。引越前夜、荷物まとめながら実は寂しくなっていました。笑
その日聴いていたスピッツ。曲はスパイダー。「高揚感と悲愴感のダブルパンチな状況」をはっきり思い出して泣けてきます。。
今もそんなかんじです。これから始めることへのワクワクと、それに伴う大きな不安と。結局何年経っても私は子供のようです。。






[PR]

by another29 | 2011-06-02 01:02 | ■Life