<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Wherever you are.

d0079151_2013996.jpg

雑多に塗装された壁面。ガラスの花瓶に挿された梅の花と、趣きのある文鎮と。品のある優しい空間です。でもここは、トイレです。





d0079151_206459.jpgBAR; Lucky Panda


昨年末の某日、いつものようにツタヤでぶらぶらしていると、
近所に職場がある知人に遭遇。
久しぶりーの感激のあと、ナイスなバーがあるとのことで
連れて行ってもらった元麻布のバー。
六本木ヒルズから自宅に向かう途中の路地裏にあります。

店内の素敵さと、トイレに至るまでのこだわりと。
ラテン系大阪人のマスターの屈託の無い雰囲気。
勿論気に入りまして!
あれから2ヶ月。昨夜またおじゃましてきました。
すると友人の上司に遭遇。
週末の麻布は、歩けば誰かに出会える素敵な街です。








d0079151_0261656.jpg

日曜日は毎週恒例の英語勉強の日です。今日は午前中から頑張ったので夕方で終了して、そのあとはボードゲームで遊びました。
久しぶりのモノポリー!懐かしい!けれどこれは友人がスペインから持参したスペイン版のモノポリー。翻訳してもらいつつ遊ぶ。
パーツが日本版より、なんか、かわいいのです。そしてたとえゲームとはいえ、札束がたまっていくと幸せな気分になるのです。笑




d0079151_2035025.jpg
HERMES Dices.


バールで遊ぶために、
スペイン人の多くが持っているマイ・ダイス。

友達のそれはエルメス製の。
エルメスのサイコロに心奪われる私。
3つもあるなら1つくれ!
そう言うと快くくれた友達。

ありがとう。家宝のひとつにします!
デジタル化社会の昨今、アナログはより一層素敵ですね。






d0079151_2042409.jpgSUPER A MARKET


クオリティ高いセレクトショップでお馴染みの、
TOMORROWLANDさんからNEWショップがオープンです。
その名はSUPER A MARKETです。店舗デザインはWonderwall。
表参道駅を出て、イッセイ・ミヤケの真裏にあります。

25日のレセプションはかなりの大盛況だったようで。
みんな仕事を切り上げてレセプションへ。

そんな中、切り上げられないスタッフも何人か。。
私もそんな一人で…行きたかったなぁ。
なんてったて、この店舗、バー併設ですから!

戻って来たスタッフから、
「酒、出てましたよ!」との報告。

ふーん。いーし。。泣










Wherever you are. ほんとに。数年前の20代後半から、仲のいい友達の海外転勤が続いています。栄転だから喜ぶべきなのだけど。
やっぱりさみしいですね。私が平日でも毎晩一人でビールやらワインやらを飲んでいることを知らない人はいませんが、
実は一人酒じゃなく。Skypeしながら海の向こうの友達と飲んでいるのです。どこにいても友達はそばに。文明の利器に感謝です。
最近、映画や本に触れる時間が少なくなって、自由な時間はほぼ音楽を聴いていることが多いです。
こういう流れは実は良くなくて。音楽を聴く時間が増えるほど、考え事の量が増えているのです。悩みっぱなしです。いろいろ。笑
[PR]

by another29 | 2011-02-28 01:17 | ■Life

2 Informatinons.

d0079151_1305979.jpg


Wonderwallの巡回エキシビション。3rdは名古屋です。3月18日から!詳細はボス片山正通氏のブログをご覧頂けたらと思います。
東京・福岡では沢山の方々にご来場頂きました。どちらにも行って頂けていない方には特に、是非行ってみて頂きたいです。
すでに見て頂いた方にも勿論、また来て頂きたいです。会場となるギャラリーによって構成が異なりますから新鮮だと思います。
展示している模型たち。じーっと見なければ気付かない、ディズニーランドの隠しアイテム的な箇所をここでご紹介させて頂きます。






d0079151_1544241.jpg


Wonderwall Office  
まずは私たちの会社の模型です。地上3階・地下2階、トータル5階層の建物です。模型を覗いて見えるものは全てリアル。
壁に掛けられたアートも皆さんにご覧頂けない箇所まで作っています。3階の片山さんの部屋にある家具もリアルに再現しています。
そして。建物右側の地面をご覧ください。うっすら金網の奥、見えますか?実は地下2階まで、ちゃんと作っています。





d0079151_2124820.jpg

NOWHERE
続きまして、NIGO氏のA BATHING APEの原点NOWHERE。上写真では見切れてしまっていますが、左側に通路があります。
その通路の壁面にディスプレイのショーウィンドウがありまして。APEオリジナルのおもちゃがぎっしり詰まっています。
模型の裏に回って、階段の降り口から覗いてみてください。ちゃんと見えます。見つけてくれる方がいるはず!と信じて作りました。





d0079151_220969.jpg

Pass the baton 丸の内
これは、上写真でもご確認頂けます。天井に吊るした100個越えのフックたち。商品を吊り下げてディスプレイするためのものです。
実は、すっごいかがまないと見えないのです。この模型の前に来たら是非、かがんで天井を見上げてください。







d0079151_225229.jpg

A.P.C 代官山
coletteの模型も同様、CDをディスプレイしている棚があります。そこに並んでいるCD。アーティストは片山さんの仲良しアーティストのもの。これは私なりの心遣いというか、サービス精神というか。日頃の感謝というか。笑
Kitsune、Fantastic Plastic Machine、大沢伸一、などなど。視力に自信のある方には見えるはずです。私には無理ですが。。




と、いった感じで、他にもまだまだありますが。よーく覗いてくださる方々にだけ見えるはずのサプライズポイントのご紹介でした。








LAST NOTICE

Another+のWEBサイトhttp://www.another-plus.comは3月9日をもってクローズ致します。当ブログは引き続き運営致します。
Another+のWEBサイト経由で当ブログをご覧頂いている方は現在ご覧のURLをブックマークしてください。
これに伴いまして、info@another-plus.comのメールアドレスもなくなります。
新アドレスは関係者様各位、追ってご連絡させて頂きます。何卒、宜しくお願い申し上げます。

[PR]

by another29 | 2011-02-24 02:40 | ■Life

週末の六本木ヒルズで。

d0079151_22374290.jpg


1年というのは早いもので、今年もこの季節。六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開催中のG-tokyoを見に行ってきました。
リサーチ会社勤務の友人からの情報。国民調査で「美術館やギャラリーに出向きますか?」という質問に対しYESは4%とのこと。。
私自身、アートって深過ぎて実は理解しきれないですし。でも、直感でコレかっこいいとか、そういう感覚を楽しみに行きます。
そんなときは必ず、アドレナリンが出ている。脳に刺激を与えることは大切ですよ。老けるスピード、確実にゆるみますから!






d0079151_22514927.jpg
Sapphire Bar 
幻影のマティーニ





G-tokyoのラウンジ。今年はNAPがデザイン。
協賛はボンベイ・サファイア。

4,300 x 4,300mmの黒色のバーカウンター。
そのサイズ感にまず圧倒されます。

その上に並ぶのは80個のグラス。
d0079151_22592723.jpg

一見、普通のグラスなんですけど…
覗き込むと、おぉ。

逆三角形でお馴染みの、マティーニグラスの出現。
なにこのおしゃれな演出!

きれい。
感想はこの一言につきます。

27日まで開催です。
来週末はぜひ足を運んでみてください。












六本木ヒルズの駐車場に向かう通路にて、スガシカオ氏に遭遇。おぉ〜!好きなミュージシャンに会ったのは生涯初です。
目が合ったので思わず「こんばんは」と言うと「J-WAVE聴いてくれた?」なんて言いながら去って行きました。
J-WAVE(六本木ヒルズにあるラジオ局)の収録だったようです。勤務中はいつもJ-WAVE。新曲の「約束」なら毎日流れています。
タイトルがいいじゃないですか。私とおーちゃんの合い言葉です。だからなのか、約束を守れない人への人並み以上の拒絶感。
彼が創りだす曲の世界観は素晴らしいと思います。人生の、どん底を見てしまった人。そんな人だから書ける曲と詞。
相変わらずのスガシカオのセンス満載。PVを見てみたら、好きな街のひとつであるロンドンを背景に撮影していて。癒されました。
[PR]

by another29 | 2011-02-20 23:56 | ■Life

A Project.





d0079151_1185368.jpg


落ち着いたスケジュールだった2月上旬。慌しくなって来たこのごろ。そんな中、Wonderwallの巡回エキシビションが再始動です。
銀座・福岡を経て、次は名古屋です。開期も決定しました。プレスリリースがまだなのでここには書きませんが…。
名古屋近郊の方はもちろん、出張予定のある方とか。旅行に行こうかな、という方は是非いらしてください。名古屋で会いましょう。






d0079151_1294886.jpg
We are conducting a project.


突然、私の写真の連発です。うざくてすいません。
そして、謎ですよね?

これは、ちょっと面白い企画です。
フォトグラファーの友人が毎晩、私を撮影しています。
私の自宅限定で。狭いにも関わらず、あらゆる場所で。

39日後に種明かしさせて頂きます。
よかったら、覗きにきてください。
本日もご閲覧ありがとうございます。







d0079151_1442629.jpg

この企画、気合い入れてます。絶対、笑わせてみせますよ。ご期待頂けたらうれしいです。でも製作に失敗したら…ゴミにします。。
[PR]

by another29 | 2011-02-18 01:50 | ■Life

嫌なら、逃げろ。

d0079151_1225836.jpg


先週の金曜日、15年ぶりに母校・横浜英和女学院へ行ってきました。一秒たりとも経過していないような、相変わらずの佇まい。
上記の写真は、学校の礼拝堂です。キリスト教徒なわけではないのですが、ここで毎朝、聖書を読んだりして哲学を教わるのです。
今思い返すと、何がそんなに楽しいの?と聞きたくなるほど笑い転げて、学校が終わったらカラオケに行ったり合コンに行ったり。
楽しすぎる毎日で、タイムトラベルが可能なら100%同意して戻りたいけれど。あの頃の私には刺激がなさ過ぎて堪え難かった。。
そして高校2年で中途退学をする…履歴書に記すには情けない項目です。堅実な両親の顔にも泥を塗ってしまったわけです。。
15年ぶりにここへ来て、反芻した。学校から逃げたり、建築に憧れてみたり、スペイン逃亡を試みたり。自由気侭な若気の至り。。





d0079151_1434834.jpgThe Sample thing.



そもそも、なんで母校に来たか。というと、
ウィーンで活躍中の同級生の演奏会のためでした。
彼女こそ、卒業生として相応しいキャリアです。
私は?何も誇れないなと、痛感するわけです。
デザインなんて、ふわふわしたもので何か語れる?

懐かしい講堂で聴くオーケストラの演奏。
過ぎ去った15年。(もうそんなに!?)
色々を思いめぐらせて少し感傷的になりました。






逃亡者/Mr.Children 今でこそ、超メジャーなミスチルですが私が中学生のころは無名で。友達の家のお隣に住んでいたお姉さんがボーカル桜井さんとご結婚されたのもこの頃。この曲はミスチル史上まれにドラムのジェンさんが歌っている。
私はこの曲を聴きながら西の国へ心ごと逃げて行きました。大好きな人も忘れてバカみたいに繰り返しウォークマンで聴きながらー。









で、スペイン入りしたときには、エンリケ・イグレシアスがスーパースターな時代でした。スパニッシュミュージックってこんなか!
それに、またEscaparなんてタイトル。世界中が、宇宙全体が、私に逃げろって言っているみたいでした。
なんて、わくわくしながら聞いていた記憶があります。
ただ、残念だったのが、帰国してしばらく経ってから、日本で英語バージョンのエンリケが流行したこと。
日本一のビッグシティ東京であれ、アジアは流行に遅れているという事実。10代でそういうことを把握してしまうと今の私みたいな欲求不満が続くんですね、おそらく。情報をいちはやく沢山自分のものにしたいなら、とりあえずEU圏にはいなくちゃいけない。笑
東京で、一生懸命アンテナ張りつめていたって…日本の代名詞がFAR EASTですから。届くのに時間がかかるのです。残念ながら。
[PR]

by another29 | 2011-02-15 02:10 | ■Life

過去と未来を映す鏡



d0079151_1962491.jpg


日本橋は馬喰横山へ。言わずと知れた、ギャラリーがひしめく一角として名高い街です。中でもレントゲン・ヴェルケは私の一押し。
土曜日に赴いた先はTOBIN OHASHI GALLERY。イベント開催のお知らせを受け、レセプションに行ってきました。
昨年秋にオープンしたばかりのこのギャラリーは、慶応義塾大学教授のトビン氏とデザイナー大橋氏が主催するギャラリーです。
雪が降った翌日の雨の土曜。大橋さんが用意してくれていたホットワインはバナナとシナモンをブレンドした逸品。ご馳走さまです。







d0079151_19285963.jpg

d0079151_19292549.jpg
Ryota Aoki


この日、目当ての作品は青木良太氏の器。
同年代の陶芸作家さんの作品です。
NHK、民放では「情熱大陸」でも取り上げられていたので、
ご存知の方も多いかと。

日本人らしい「禅」のコンセプトをベースに、
どこかオリエンタルな要素を醸し出す彼の作品。
絶妙なバランス感がとても美しいんです。
本日は、どんな酒にも合うグラスをお土産に戴きました。








d0079151_19392250.jpg

Agus Purnomo/Indonesia

ギャラリーの中で、あー!と再会した作品が。インドネシアのアーティスト、Agus氏の作品。彼は数字をモチーフに作品を描く。
数字って神秘的ですから。発展途上国の芸術によくみられます。数字との関わりが先進国よりも根強いところにあるそうです。
この作品。本気で購入を検討中。カラーやサイズにバリエーションがあるので悩んでおり。私にとって高額な買い物なので慎重です。








d0079151_1951584.jpg

d0079151_19511826.gif
Marugo in Shinjuku


気付けば3連休も最終日です。
ランチタイムは大嫌いな新宿へ。
駅に着いただけで気分悪い。渋谷と同じくらい。

そんなところでも、あるんですね、いい店。
ワインのストック量が半端ない。
螺旋階段をぐるぐる上る最中、壁面にワインの壁。

で、気になるのが、設計者はどちら様?。
忙しそうな店員さんを捕まえて訊ねると、
橋本由紀夫氏だそうです。さすが重鎮。

一瞬で、おぉっと人を圧巻させるデザイン。
普通の反対。非日常的空間。それがデザイン。

そう考えると、それは今までの私でこれからの私じゃない。

人間の過去と未来を映す鏡。
それは、とても身近なところにある手のひらだと思う。
手は、特別なパーツだ。
手相って、変わるっていうじゃないですか。
人生の経過に伴って変わっているんじゃないのかと。

実は一番難しい「普通」。
私は今、それがほしい。
[PR]

by another29 | 2011-02-14 00:34 | ■Life

THE MUSIC !!!




音楽について。ブログ仲間から回覧が回ってきました。


どんなジャンルの音楽を聴くの?という誰かからの問いかけに、ジャンル問わず何でも聴きますよ、と回答した覚えありませんか?
それならば、その全ジャンルそれぞれのベスト1を発表してくださいよ、という主旨だそうです。なるほどね、クリアになりますね。
そのジャンルとは、OLDIES・POPS・R&B・REGGAE・HIP HOP・HOUSE(or TECHNO)という6ジャンルです。
それに加えて、最後のおまけに、カラオケでよく歌う曲の中で、これは恥ずかしいーーーという一曲を添付。だそうです。任せて。。
興味のある方も無い方も、音楽って人を豊かにしくれるものだと確信しているので、お時間のある時にでも聴いて頂けたら幸いです。






01.OLDIES
マーヴィン・ゲイのSexual Healingです。彼の名曲の中でも一番大好きな一曲です。タイトル通り、必ず癒されます。体の芯から。










02.POPS
ジェイソン・ドノヴァン。欧米ポップスといえば!でも実は2011年時点で30歳以下の方に彼の名を語っても分かってもらえません。
若年層には知名度がかなり低いようです。カイリーとEspecialiy For Youを歌ってた人、と言うと分かってもらえたりします。









03.R&B
このジャンルなら、いくらでも出てきますが。若者に合わせて一番フレッシュな(私にとって)Jason Deruloのこの曲。









04.HOUSE(or TECHNO)
I Love NYのSeasons Of Loveです。ミュージカル「RENT」のメインテーマソングをリミックスした一曲です。RENTの感動再び。









05.REGGAE
やっぱり王道Beenie Manです。中でもこのPride&Joyのリミックスが好きです。嫌なことあっても、吹っ飛んじゃいます。ノリで!








06.HIP HOP
文化が根強いジャンルですから、一番はと問われるとこれこそ難しいです。そんなときは重鎮を尊ばないと。2Pacで。
大ヒットソングの、これまでもこれ以下もない、極上リミックスだと思います。何度聴いても感動的な曲だと思います。








EX.カラオケで歌う恥ずかしい曲
ん〜恥ずかしい。という曲を沢山考えてみました。正直、曲の主であるアーティストさんにはかなり失礼ですが。私の高温限界値曲。
なんて。原キーじゃ歌えないですけど。YouTubeでPV見たら…ひくほどダサイっすね。笑。あーでも、カラオケ行きたくなった!
20代の方々は知らないんじゃないかな、浜田さん。私が10代の頃は超大物でした。今で言うところの…倖田來未さんくらいです。。


[PR]

by another29 | 2011-02-10 02:25 | ■Life

イン・ザ・クローゼット





d0079151_145593.jpg


私たちの青春の一大カルチャーを築いた我らがBAPE。そんな日本の誇りが香港企業に買収されてしまうとは。日経新聞を見て驚愕。
そんな先週の金曜。朝起きるなり柄にも無くめまい。頭痛。会社に向かう道中やっと気付く。風邪ってやつだ。
会社に到着すると、おねえさんにバッタリ遭遇したので「風邪ひきました。」と宣言してみる。
うがいしてーっと叫ばれたけれど、時系列に逆らってますよと心の中でつっこむ。後に私は早退し、風邪との闘いが始まるのでした。

帰宅途中から、それはそれは激しい悪寒に襲われる。家に着くなりエアコンとオイルヒーターをフル回転。
布団にくるまる。それでも寒くて涙ぐんでみる。涙ぐんでも仕方が無いので、無い頭を絞って考えた。…ひらめいた。。











d0079151_1443170.jpgin the closet.


クローゼットの中にオイルヒーターを設置した。
クローゼットの中に布団を敷いた。
中に入って、クローゼットの扉を閉めた。
15分も経たないうちに超ホットな空間ができた。

ほっとして眠る。そんな金曜の夕方でした。


そして、ふっと目を覚ましたのは携帯の着信音のせい。
携帯は、クローゼットの外。出たくないので放っておいた。

それでもひっきりなしに鳴る電話。
この空間から出てまで出る価値のある電話か否か。
ちょっとだけ扉を開ける。誰からなのか。

頭がガンガンする中、色々を諦めてクローゼットを出てみる。
すると驚いたことに!

世の中は、日曜日だったのです。

電話の主は、鍋パーティーを約束していた友人からでした。
いずれにしても悪性の風邪なので酒盛りはできません。
せっかくの予定を台無しにして本当に本当にすいませんでした。


月曜は欠勤。悪寒からは解放され、クローゼットからも出た。
夜になると誘惑のように、友達から、近くで飲んでるよメール。

もう一日休む訳にはいかないから丁重にお断りしたら、
お見舞いグッズを買い込んでマンションまで来てくれた。
一輪のバラを持って。NICE GUYS !
そのバラは玄関の大切なクマに担当させました。
お二人さん本当にありがとう。おかげさまで完全復活です!







こんなわけで、ぱっとした話じゃなくてすいません。でも今週末は3連休ですから!次回はお知らせしたいこといっぱいです。では。
[PR]

by another29 | 2011-02-09 02:39 | ■Life

ニューヨーク、からの。


d0079151_1412597.jpg


月曜の朝。受取っていたFedexの貨物番号を追跡すると、待望の品は成田での税関をパスしたところ。首を長くして待つこと2時間。
ピンポーン!会社のインターフォンの音色が、その瞬間ほど素敵に聴こえたことはありません。ついに、やってきてくれました。
ニューヨークはスタンダードホテルからの贈り物。送ったよメールから、かなり長かった。。でもそれだけに、喜びはとても大きい。







d0079151_222084.jpg


これが、ダンボール小包の中身。さてさて、ピンとくる方にはもうお分かりでしょうけれども。更にパッケージを開きますと…。


d0079151_25383.jpg


KAWS君とSTANDARD HOTELのコラボレーションによる作品です。興味のない方には、ふ〜ん、ってかんじかも知れませんね。
ごめんなさい。たかだか電球3球ですから。それでも、私にとっては、トレジャー中のトレジャーなのです。
友人からの情報、ヤフオクで¥40,000出さなきゃ手に入らない。チェックしてみると、確かに。ちょっと売ってみたくなる私です。




d0079151_2211287.jpg


こんなにカワイイんですけど。セットになっている3球はそれぞれ違うカラーが灯ります。レッド・ブルー・グリーン。今週末は、
このコたちのステージを製作する作業に明け暮れることでしょう。それまではパッケージの中で冬眠です。週末が楽しみです。
こんなに素敵なわくわく感をありがとう、スタンダードホテル!いつか泊まりに行きたいです。



d0079151_2251820.jpg


追伸…ちなみに、灯すとこんな感じのようです。もったいぶって私はまだ点灯していないもので。。Photo by Standard Hotel.












Kylie Minogue

今年はなんだかすごいですね。Kylie Minogueまで4月に来日公演するって。20年ぶりの来日とのことです。J-WAVE情報。
この公演はプレミアチケットですね。私としてはカイリーも絶対観にいきたいけれどTOTOのチケット買ってしまったので。。
さすがに毎月ライブに出向けるほどWonderwallのスケジュールはあまくないので、これはあきらめます。。
最近でもKylie Minogueは曲出してますけど、私たち30代にとっては80'sど真ん中のユーロビートが音楽に関心を持ち始めた頃。
30代・40代の皆さん、I Should be so luckyとかGot To Be Certain、懐かしくてほっとしますよね。是非賛同して頂きたい。
20代の方々にはちょっとチープに聴こえるかもしれません。でも、こんな曲が流れていた頃、日本には札束が舞っていたんですよ。


そして、最後に私がちょろっと載せて頂いたボス片山正通氏のブログのご紹介。お時間があれば是非ご閲覧ください。
[PR]

by another29 | 2011-02-01 03:04 | ■Life