<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

遠近


d0079151_1473474.jpg


今日は何だか六本木に出向いている友達が多かった。20時くらいに六本木で飲んでるよ!とか六本木でのイベントに来てるよとか。
じゃ早く退社しようと思って会社を出た23時にはイベント終了。じゃ飲んでる仲間に合流しようと思って六本木に向かった。
でもなんでだろう。道中なんとなく一人で考えたい事が増殖して飲みに行く気分は消え失せ。今日はパスして直帰宅しました。
ソファにどっさーと倒れ込むなり、先日やけ買いした数冊の本を読んだ。キリの良い箇所で栞を挟み、次は天井を仰ぎながら考え事。
みんなでワイワイ!は、もちろん楽しくてハッピーだけど、ひとりで孤独に過ごす時間も私はとても大好きで大切な時間です。







d0079151_283817.jpg
MADO LOUNGE


日曜日は出社前に六本木ヒルズ52Fへ。
MADO LONGEで友達とお昼ゴハン。
ほんっとに、束の間の休息って感じでした。

本をコンセプトにしたこのレストランの空間はツボです。
森田恭通氏デザインのスタンドライト、かわいい。
本がたくさん積層されている上にシェードランプ。

見えますか?画像右端の照明器具です。








d0079151_215412.jpg



六本木を主軸に活動を繰り広げる小山薫堂氏。TVプログラムでもお馴染み「情熱大陸」や「世界遺産」を製作した人です。
東京タワー内にあるTOKYO CURRY LABOというカレー屋さんも小山さんプロデュース。お店のデザインはWonderwallです。

そんな小山さんの執筆本。先日やけ買いした本の中の1冊。タイトルは「恋する日本語」。
日本人でも知らない日本語単語を35個とりあげ、各々その単語にまつわるショートストーリーが書かれています。
あっという間に読み切りました。中でも一番心に残ったのが「気宇」という単語。心のひろさという意味を持つ単語のようです。
そして最後の締めくくりは「遠近」という単語。「エンキン」と読まず、「オチコチ」と読むそうです。意味は未来と現在。
この単語にまつわるショートストーリーの書き出し…

「近すぎて見えないものがある。遠く離れているからこそ、見えるものがある。」


確かに。それこそ私にとっての一番!なんです。日本語の奥深さに改めて感動できる一冊。是非ご一読ください。
[PR]

by another29 | 2010-07-29 02:32 | ■Life

Ritz Carlton Tokyo






d0079151_124918.jpg


木曜日。東京ミッドタウン内にあるRitz Carltonというホテルに宿泊してきました。家から15分圏内のホテルになぜ宿泊を??
この時期になると国外在住の友人の帰国ラッシュが始まります。今週は高校時代の友人がウィーンから帰国中です。
彼女は幼い頃からバイオリンを習っていて。今となっては立派な著名バイオリニストです。かつ翻訳業もこなしている尊敬できる人。
その彼女がRitzに宿泊しているので遊びに行ってきました。やっぱRitzってハイグレード。アメニティが全てBVLGARIでした。
一人で宿泊しているくせにベッドが2コある。さんざんビールを飲んで歩いて帰る気力もなかったので、遠慮なく泊まりました。
朝7時に叩き起こされて、朝食タイム。彼女がルームサービスをとった。見たらサイバーチックな食事。(上写真)これ、食べ物?








d0079151_1433398.jpg
Swiming Pool at the Hotel



ホテルのプールで泳ぐなんて久しぶりでした。

80年代、バブル絶頂期。
家族旅行といえば高級ホテルに連れて行ってもらえた幼少時代。
子供ながらホテルのプールの心地よさが気に入っていました。
通っていたスイミングスクールのプールとは全然別ものだから。
大人になった今思えば当然…ですよね。






d0079151_211242.jpg



このホテル、気に入り過ぎて、今夜も宿泊します。いい加減、家に帰れってかんじだと思いますが。。なかなかない機会なので。
こんなに高級感漂うなかでブログを書くこともそうそうないだろうと思い、今文章をしたためている次第です。
経済的に報われることが幸せだなんて思わないけど、とても頑張ったら、望まなくても経済力がついてくる。実感の最中にいます。





d0079151_281237.jpg


部屋からの夜景。六本木ヒルズが眼下。私の部屋は、こんな広大な景色の一部に入っている。。悔しいな、もっと頑張ろう。
見下ろされないように!








私が今まで見た映画の中で、これをこえるものはないと思っているのが「Back To The Future」。小学生の時に見ました。
DVDもサントラCDも全部持ってるほど。で、やっぱり一番心に残る曲は「Earth Angel」です。バリバリのオールディーズ。
それをカバーリミックスした曲、今日ラジオで聴きました。今だからこそ分かるけど、切ない歌詞ですよね。かなり。
[PR]

by another29 | 2010-07-23 02:11 | ■Life

これも自分と認めざるをえない展

d0079151_1182094.jpg


日本の、世間ではみなさん3連休。楽しんでますか?海の日なんて爽やかな日には海に行ってみたいけど、私の行き先は会社です。
でも、遊びに行く気分と寸分変わりません。大好きな仕事だし、現在進行中のプロジェクトはスペシャルですから!
土曜の今日は、ボスもビックリするほど突然Kaws君が来社。なんとなく週末は日本に、と思っての来日だったようです。気ままだ。
一緒に模型を見ながら、5年前に青山にオープンした彼のショップの設計思い出話をしたり。楽しい時間をありがとうございました。







d0079151_144055.jpg
これも自分と認めざるをえない展



今、東京ミッドタウンの21_21で開催中の展示。
朝一番で行ってきました。最高の内容です。

ディレクションは佐藤雅彦氏。
彼の出版物なら全部持ってるほど大好きな人です。
ピタゴラが有名なので、ご存知の方も多いかと。

科学を牛耳る人の創りだすアートって深すぎます。

11月3日まで開催しているので、
可能ならば絶対観に行ってほしいです。
見なきゃ損です。と、思います。

感性も、人それぞれですからね。
逆に、面白いと思えなかったならおしえてください。。







自分と、どれだけ向き合えていて、自分の属性をどれだけ認識できているか。それをちゃんと把握していないと。
自分の進むべき道が切り開ける人とそうでない人の差って、その把握量で境界線が引かれるんだと思いました。この展示を見て。
確かに、私から見てキラキラしていて尊敬できる人は、自分のことをよく理解している人。属性って、考え始めるとかなり深いです。
[PR]

by another29 | 2010-07-18 02:17 | ■Life

品格


d0079151_2231699.jpg


先週末、友人の結婚式で赤坂へ。2次会は過去最高の出来映えだ!こんなに凝ったパーティーは初めてでした。ご結婚おめでとう!
同級生の彼は高所恐怖症。そんな中、一家の主になる彼は男を上げるため空に舞った。飛行機好きな私でも怖い、スカイダイビング。
セスナから空に飛び降りてからもモニターが彼の一部始終を捕らえる。宙に舞いながら彼は叫んでました。「結婚してください!」




d0079151_240585.jpg
私は本気で感動しました。
君なら彼女を必ず幸せにできるよ。
末永くお幸せに!
素敵な結婚式、ありがとうね。

でもさ…

せっかくの記念写真、私とあともうひとり、
切れ過ぎだよね。。

誰だか知らないけど、
ばかやろう。

残念。

圭吾君、幸せ野郎ネクタイ、似合ってたよ!






そして、最近の日常生活。頭の中を沢山のテキストが流れて回る。何にも考えていない瞬間は一秒もありません。
一日のうちで考えている事を原稿用紙に納めるとするならば、ざっと100枚はいくでしょう。本当の話。

だいたい、深夜1時に帰宅して、必ず見るブログは3つ。とても大好きな友達のブログです。彼や彼女の綴る言葉を読む。
そしてまた考える。考えて考えて、時折ドツボにはまります。

今、仕事は過去最高の過密スケジュールながらも楽しいし、これといった悩みも…ないですね。
それでも、友達が何かにつっかえていると気になる。当たり前ですが。

先日、海のむこうにいる友達がくれたメッセージ、そのままあなたに返します。「なんだか無性に会いたくて!」笑

10月下旬、必ず行きます!会いに行きます!話したいこと、あなた以上に理解してくれる人、そばには一人もいないからね。
[PR]

by another29 | 2010-07-15 03:02 | ■Life

SCLERA



d0079151_1515059.jpg


木曜日。17:30という、ありえない時間に退社。太陽の光が眩しい。。会社のみんなでDavid Adjaye氏の講演会に行ってきました。
私が初めてロンドンを訪れた4年前、たまたま見つけて一目惚れしたひとつの住宅。それがDurty House。Adjaye氏の作品でした。
彼の作品は設計までのアプローチがとても意味深で大好きです。ミーハー心全開でサインを頂いてきました。








d0079151_217499.jpgSCLERA 2008.London


ロンドンのヘイワードギャラリーの横にある、
だだっ広いスペースに設置されたこAdjaye氏のこの作品。
竣工したのが2008年のようで。
どうりで私が知らないはずです。
過去4回訪れたロンドンですが最後に行ったのがその年。
ニアミスで見ることができなかったんですね。
そんなわけで、写真はweb検索したものです。
今回の講演会で初めて目にしました。
平面図がかなりツボでした。悔しいくらい素晴らしいです。


d0079151_2263674.jpg
コンセプトは人間の「目」。莢膜。
London Eye(観覧車)の眼下にあるから?
「目」つながりで考えたんでしょうか。
私が勝手に思っただけですが。。

小さな街で、水際にシンボル的な観覧車があって。
伝統ある古い建築が沢山残っていて。
私がロンドンに惹かれたのは、
私が育った横浜に似た要素が点在するからなのかも知れません。

いずれにしても、大好きな街のひとつです。
講演会で沢山ロンドンの町並みを目にしたら、
そろそろまた行きたくなってきました。





d0079151_2413493.jpg







d0079151_2534514.jpg
Cholopeus Didactylus



つい先日。TVで見て釘付けになった動物。
フタユビナマケモノ。

ナマケモノは昔から何となく好きだったけど、
カラダの大きさが難点でした。
がしかし、このフタユビナマケモノは小さい。

1日のうちで起きている時間は4〜6時間。
トイレタイムは10日に1回。

なにはともあれ、この可愛らしさ。
本気で飼いたくて、色々リサーチしました。
平均価格100万円。
今のところ、某ペットショップで78万円が最安値。
それを下回る定価を見つけたら是非おしえてください。
わたくし、本気です。

んーーー。
ペット可のマンションに引っ越さなければ。
[PR]

by another29 | 2010-07-10 03:01 | ■Life

Misery


d0079151_134262.jpg


ここ数日、縁起でもないけれど自分が死んでしまう夢を見続けています。どうして?…ハッとして起きる時間は、決まって6時。
起きてしまってからは怖くて寝付けず。そんなかんじで、バカバカしい寝不足が続いています。不覚にも、変な悩みが増えました。








d0079151_1422094.jpgSaruyama Antique shop



先週は休日がなかったのですが、
自分の時間を持てないのが悔しかったので
早起きをして出社前におでかけしました。

自宅から1分くらいの距離にある古道具屋さん。
オーナーは猿山修さん。
店名は、その名もズバリSaruyamaです。

食器を筆頭にプロダクトデザイン、グラフィックデザイン、
飛んで音楽事業と、多才な彼です。

店内で写真を撮っていいですかと訊くと、
どうぞどうぞと快諾してくれました。

どれをとってもセンスがいいというかなんというか。
言葉では上手く説明できませんが、私のツボ捉えてます。

シンプルな白い食器なんて¥100ショップで沢山並んでいる。
でも、ここに並ぶ食器はもっともっと高額。
それでいいと思いますし、それで当然だと思います。
作り手が思いを込めて創ったものにはオーラと価値がある。

それを理解できる人こそが本物だ。なんて思いました。
安価なものに飛びつくような人間に私はなりたくないです。






Maroon 5らしい、Mroon 5の新曲出ましたね。最近、私が悩まされている悪夢は正にMisery。災い以外の何ものでもないです。
PVは、ちょっとバイオレンスですが。この曲は、なんか、元気をくれます。
嫌な夢を見ないで眠れる日が早く訪れますように。。。。。。。。。。眠い。みなさま、おやすみなさい。


[PR]

by another29 | 2010-07-07 02:07 | ■Life

Compilation.


d0079151_1453796.jpg



1980年生まれの私は、2000年に20歳になりました。成人式は「ミレニアム」と世界中が湧いていたあの年に迎えました。
2010年。30歳になり、とある集大成を完成する日が決まりました。
私の勤務先株式会社ワンダーウォールの設立10周年を迎える今年。気付けば8年間携わり。。私にとって重大な瞬間がやってきます。
10月。神がひとりもいない神無月。今はまだ公表できませんが、楽しみにしていてください!期待は裏切りません。

単なるプレゼンツールではない模型。ボス片山正通氏がデザインを進めるために造る模型。世界に通ずる超リアル模型。
模型は、気付かないうちに、私にとって客観的に見る事の出来ない、カラダの一部みたいな存在になった。






d0079151_2173738.jpg
Alone in a Crowd by Rolf Sachs


Web Magazine Dezeenに掲載されていた作品。
トップ画像の通り、ひとつのテーブル。

天板をガラスにしたその中にフィギュアが。
その中の様子が右画像です。

常日頃親しんでいるプライザーではない。
プライザーとはドイツ製の建築模型用フィギュア。
この作品で使われているものは完全オリジナルのフィギュア。

よく見ると、模型世界の中で世界観がひとつ。
ストーリー性があって楽しい。

一見してカッコイイCGに模型が勝つ理由、
それは人間が地道に手で造るあたたかさ。
そういったものが感じられる素敵なテーブルです。









ではみんなで恒例の、Heavy Rotation Musics。私の今日は2008年最再生のMathieu Bouthier & MuttonheadsのNeed U 2008。


[PR]

by another29 | 2010-07-01 02:40 | ■Life