<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Topics today



d0079151_2522018.jpg


怒濤のプレゼン3連発が終わり、金曜日の今日はご褒美のお休み。かと言って夕方までダラダラ寝ているわけにはいかない。
日中、家に居られるということはオリンピックファンの私にとっては願ってもない、リアルタイムで競技が観れるのだから。
今日はフィギュアスケート決戦日。午前には起床して選手たちの演技をずっと観ていました。人が頑張っている姿はやっぱり美しい。
浅田真央選手の演技を観ていたら、ちょうど会社から電話がかかってきた。なんだか狙い撃ちでジャマされた気がした。。

アジア選手陣の金銀メダル獲得を見届けて、遅めの昼ゴハンを一人で食べに行った。近所にオープンしたスープ屋さん。
カラダを酷使した後は、ちゃんと労ってあげないといけない気がして普段なら行かないようなヘルシーなレストランへ出向いてみた。
店に入ってみると、カウンター越しの厨房に高圧スチームのやかんがズラリ。シュッシュッという音がやけに癒されます。
ブイヤベースを食べたらめちゃくちゃ美味しかった。バルセロナで食べたのが生涯一美味しかったけれど、それを超えた。
自信を持ってオススメ致します。麻布十番に来る機会があったら是非、Kettle Kitchenへ行ってみてください。







d0079151_3313842.jpg


そして夜は大嫌いな渋谷へ。WOMBでKitsuneのイベントがあるとのことで行ってきました。
とはいえ一緒に行った友人には悪かったけど30分も滞在しなかった。クラブという場所とそこに集まる人種がやっぱり苦手です。
このイベントは今、表参道のmontoakで期間限定オープンのBOUTIQUE KITSUNE' TOKYOのためのものでした。
私はトートバッグを衝動買いしました。Made in Japanをコンセプトにしたプロダクトは通常に比べてリーズナブルです。




d0079151_3435661.jpg




[PR]

by another29 | 2010-02-27 03:45 | ■Life

AIR PLANE AND SCIENCE Museum




d0079151_372352.jpg


近頃また上空が気になる。飛行機は一番好きな乗り物で、空港は一番好きな場所です。空港に行くとワクワクするのは何故だろう?
東京でいえば、羽田空港の雰囲気と成田空港の雰囲気はまるで違う。ご多分に漏れず成田空港の方が好きなのですが。
おそらく、海の向こうへ旅立つというポジティブな空気感が気分を高揚させてくれるからこんなに居心地がいいんだろうな。




d0079151_3153655.jpgd0079151_3271836.jpg

日曜日は朝一番で航空科学博物館へ行ってきました。本当は土曜日に行くはずだったのに不本意に出社することになり1日延期。
成田空港からほど近い場所にあるだけあって、飛行機の離発着が空港よりも臨場感たっぷりに眺めることができる。
滑走路の中でも離発着ポイントに近いから空港ロビーからでは観ることのできないその瞬間が観れる。すばらしい限りです。
上記載の左画像は、Scale=1:8というデカさのモックアップ航空機。右画像は成田空港の模型です。空港の模型を作れたら幸せだ。
Wonderwallに空港デザインの依頼が来る日を実は心待ちにしているのですが。。建築家のテリトリーだから可能性は低いか。。
いや、でも期待を込めて待っていたら叶うかもしれないし。空港内のラウンジとかカフェテリアでもいいからせめていつの日か。




d0079151_3403732.jpgControl compartment


そして操縦席。パイロットのシミュレーションができます。
パイロットになりたくなりました。

話題が180°変わりますが、近いうちGBPのレートが上がる。
もちろん勝手に言い切れることではないのですが。
そろそろまた1ポンドが¥200台に乗ってくるはずです。
理由はひとつ。私がまたロンドンに行きたくなったから。

こう思うということは、もともとそういった意識のある人が
みんなして同じ気持ちになるから。
人気集中のタイミングがやって来た時、レートは上がる。

先日、同年の友人が目指していた海外での仕事が決まった。
それはずっと前から目指していた仕事だった。
30歳。チャレンジし続ける彼女の姿はかっこいい。
報告を聞いて自分のことのように本当に嬉しかった。
けれど9月にはもういないんだと思うと寂しかった。
私が大切だと思う人に限って遠くに行ってしまう、
そんなジンクスみたいなものは10年前から始まっている。

日本から20時間かかるその国へ、
今年は初めて行くことになりそうです。
[PR]

by another29 | 2010-02-15 04:10 | ■Life

from.Barcelona



d0079151_013179.jpg


この写真、何だか分かりますか?建築に携わっている方には一目瞭然かも知れませんが。サグラダファミリアです。
先週、バルセロナ在住の友人から久しぶりにメールが届き、こんな素敵な写真が添付されていました。
Sagrada Familia 2010 ! という、とてもフレッシュな件名。私が最後にこれを観たのは2002年なので何とも嬉しい便りでした。
ともかく建設スピードが格段に上がっている。この写真はエントランスを潜ると広がる吹き抜け空間。ステンドグラスが設置された。
とにかく内部のディティールが知らないうちに完成されてきている。技術の進歩による功名ですね。
本当にもしかしたら生きているうちにサグラダファミリアの竣工を目にすることができるかもしれない。絶対長生きしよう!




d0079151_0403461.jpg


こんな細部の彫刻まで進んでいます。公式WEBサイトは月に一度くらい開いているのですが。ここまではわかりませんでした。
サグラダファミリアが世界遺産に登録されていることはご存知だと思いますが、私には3日前に初めて知った事実があります。
世界遺産とされる建築は文化遺産に区分されるけれど、サグラダファミリアは自然遺産に区分されていたのです。ビックリ&さすが。

Sagrada Familia Official Website: http://www.sagradafamilia.cat

d0079151_0404216.jpg


追記:上画像の意味深な正方形のオブジェクト。4マス×4マス=16マスで構成されたこのグリッドにはちゃんと意味があります。
16マスの中に各々1〜16までの数字が1個ずつ配置されています。
縦・横・斜め、いずれもその4つの数字を足し算すると解は「33」になります。
「33」とはイエス・キリストが十字架に架けられ処刑された年齢です。





d0079151_0455297.jpgCasa Batlló

おまけでカサ・バトリョの写真も。
素敵な写真を沢山どうもありがとう!

バトリョは共有部の吹き抜けにある、
ブルーのタイルがとても好きです。
いつ観ても美しいです。
とても100年以上前のデザインとは思えない。
ガウディは本当に天才です。
ガウディは永遠に私にとっての巨匠です。

やっぱり私のお墓はスペインがいい。


Casa Batlló
Official Website:http://www.casabatllo.cat
[PR]

by another29 | 2010-02-08 00:56 | □Architecture