VIA TOKYO TOWER

d0079151_1215663.jpg




人生は小説よりも奇なり。とはよくいったもので。
予測不能の人生とはいえ、びっくりにも限度が。
私は先日「死」と闘いました。

夜明け前、息苦しくて目が覚める。
驚いたことに呼吸ができない。
救急車を呼びたくても電話がかけられない状況でした。

iPhone片手にのたうちまわる。
少しずつ呼吸ができるようになったものの、頑張っていないと呼吸ができない。
怖くて泣きました。笑

とりあえず病院に行こうと。
そんな状況下にありながら思ったこと。
「どうせなら、東京タワーが見える病院で最後を迎えたい。」

麻布十番から東へ徒歩15分。
三田というエリアにその病院はありました。
駆け込んで早急処置がとられて私は生きながらえました。

原因は気胸(肺がつぶれる病気)でした。
前回の顔面神経麻痺に続き、変な病気にばかりかかるなぁと。

会社ではひと騒動あったりと、周りの皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。
すみませんでした。






友達がメールで送ってくれた、お見舞い曲。名曲Liberty。しかも鈴木雅之がカバーしたやつ。
渋過ぎるよ。笑 でも感動しました。本気で死に目にあったから、生きてるってだけで有難い今だから余計。ありがとうね。
[PR]

by another29 | 2011-06-19 02:06 | ■Life

<< SYNTHESIS あと23日 >>