AGAIN.







d0079151_016499.jpg


生涯で初めて名古屋に行って参りました。街の温度を首都圏で比喩するなら、横浜でしょうか。落ち着くし、ワクワクするあの感じ。
仕事で行ったので仕方がないですが…すぐに現場入り&翌日速攻会社に戻らなければ!で、街を堪能できなかったことが残念です。
前回お伝えしたWonderwallのEXHIBITION。名古屋で開催中です。施工会社さん&主催者さんが2徹で頑張ってくれました。
設営も、実はラストにビッグアクシデントがありました。。そして、展示中の模型に破損が発見されたので私は明日また名古屋へ。。









d0079151_016454.jpgEXHIBITION OF
WONDERWALL
ARCHIVES 01
10 PROJECT MODELS




巡回しておりますエキシビション。
名古屋会場は面積NO.1です。
広いって、やっぱりいい。
おまけにエントランスのコルトン仕様サイン。
グラフィックはGROOVISINONSさん。
ありがとうございました。
d0079151_023094.jpg
NHKプロフェッショナルの放映スクリーン、
前回の銀座・福岡会場よりも全然でかいです。

設営のたびに、この映像を見ているので暗記しつつあります。
そして見るたびに涙が出そうになる。なんでだろう?
ボスのひたむきさを改めて感じるから?
何はともあれ、尊敬している人に違いありません。
Wonderwallが何故、世界に通ずるのか。
その答えズバリ、ハートでデザインしてるから。笑
いや、まじめに。
Wonderwallは、片山さんを筆頭に、
スタッフ全員がハートで仕事している会社です。
その仕事術に、このエキシビションで触れて頂きたいです。








EXHIBITION OF WONDERWALL ARCHIVES 01 10 PROJECT MODELS
会場:名古屋パルコGallery 西館8F
開期:2011.3月18日(FRI) 〜 3月26日(SAT)
詳細:名古屋パルコギャラリー EVENT INFORMATION









めずらしい人生という、KANの曲。11歳のお年玉で買ったKANのCD。子供だったので歌詞の内容まで理解できていませんでしたが。
昨年、30歳になる間際に、偶然居酒屋で聴きました。懐かしさ満点で。KANが30歳を迎えた時に作った歌だったようです。
20代から30代に変わるとき、どんなことを思うのか。10代から20代に変わるときとは大分違う。大人になる覚悟みたいなもの?
20代で、どれだけ悩んでみても、真剣に未来を思い描くには全然足らず。答えなんかは出てこない。結局、どうしたらいい?
曲の一番最後に歌う歌詞のフレーズは、私の座右の銘のひとつです。日本人の友人には、なかなか恥ずかしくて言えないですが。笑
[PR]

by another29 | 2011-03-20 00:41 | ■Life

<< 不撓不屈 18th March START >>