小説よりも奇なり。




d0079151_3111787.jpg


私の仕事は炎上し続ける。100年に一度の不況だと人は言うけれど、果たして地球上の全人類において言えることなのかどうか。。
いや絶対違う。がんばって走り続ける人たちにとって、そんな世の中のネガティヴに向き合う時間はないんだと痛感する毎日です。
どんな状況であれ、どんな境遇であれ、自分がしっかり前を見据えることを怠らなければポジティヴな世界が待っていてくれる。

早いもので、10日後に開催を控えた弊社のエキシビション。告知ポスターなんかはプレススタッフさんの努力の末やっと完成。
主催協力をして頂いている担当者さん曰く、あとにも先にもこんな豪華なエキシビションはない!とのことですから。
でも裏話をすると…私、まだ会場の設計図面いじってますから。。大丈夫かなぁ。焦っているくせに寝坊したりする。
土曜は昼過ぎまで眠り続け。挙句の果てに施工会社さんからの電話で起こされる。確かに、一番大変なのは彼らなわけです。
起き上がって即出社。会場に掲げるグラフィックの作製。恩着せがましいこと言うと、私が1からすべて描いているんですよ。






d0079151_3383060.jpg10_MODELS


WEBでも公開になりました。
これがWonderwallクオリティの模型。
右の画像はボスの火付け作品となったNOWHERE。
NIGO氏のA BATHING APEです。
光っている部分、LED仕込んでます。
その他、全部で10プロジェクト。
どれだけ見ていても飽きない模型が待っています。
10月29日は是非とも銀座へ!








最近、帰宅すると毎日グレン・ミラーを聴く。往年のJAZZを聴いていると脳の中が安らぐから、ちょっとだけ現実逃避できる。
それでもクリアにならない時は、日頃お世話になっているGROOVISIONSさんの映像をDVDでひたすら眺め癒されるんです。
何気ない日常の人間の動き。思わずずっと眺めてしまう。農林水産省までもが着目した彼らの手腕には脱帽です。








そして、EXILE。なんで??いや、些細ながら、つながりがあるんですよ、ちゃんと。
今回の弊社エキシビションを主催担当してくださっている方がこの夏大いに活躍したのがEXILEのライブ。
新曲のPVは会場設営の様子が映し出されていて、彼の苦労が目に見える。タイトルが I Wish For You。すてきじゃないですか。
曲中の「幸せを願うことこそが愛」というフレーズで、わけもなく感動してみたりする。
打ち合わせの中で出てくる、EXILE逸話はとても面白くて。WonderwallとEXILEを同時に掛け持った彼の、真逆のワークスタイル。
おつかれさまでした。というか、これからですが。がんばりましょう、もう一息!
[PR]

by another29 | 2010-10-18 03:52 | ■Life

<< Country. 京都一瞬 >>