from.Barcelona



d0079151_013179.jpg


この写真、何だか分かりますか?建築に携わっている方には一目瞭然かも知れませんが。サグラダファミリアです。
先週、バルセロナ在住の友人から久しぶりにメールが届き、こんな素敵な写真が添付されていました。
Sagrada Familia 2010 ! という、とてもフレッシュな件名。私が最後にこれを観たのは2002年なので何とも嬉しい便りでした。
ともかく建設スピードが格段に上がっている。この写真はエントランスを潜ると広がる吹き抜け空間。ステンドグラスが設置された。
とにかく内部のディティールが知らないうちに完成されてきている。技術の進歩による功名ですね。
本当にもしかしたら生きているうちにサグラダファミリアの竣工を目にすることができるかもしれない。絶対長生きしよう!




d0079151_0403461.jpg


こんな細部の彫刻まで進んでいます。公式WEBサイトは月に一度くらい開いているのですが。ここまではわかりませんでした。
サグラダファミリアが世界遺産に登録されていることはご存知だと思いますが、私には3日前に初めて知った事実があります。
世界遺産とされる建築は文化遺産に区分されるけれど、サグラダファミリアは自然遺産に区分されていたのです。ビックリ&さすが。

Sagrada Familia Official Website: http://www.sagradafamilia.cat

d0079151_0404216.jpg


追記:上画像の意味深な正方形のオブジェクト。4マス×4マス=16マスで構成されたこのグリッドにはちゃんと意味があります。
16マスの中に各々1〜16までの数字が1個ずつ配置されています。
縦・横・斜め、いずれもその4つの数字を足し算すると解は「33」になります。
「33」とはイエス・キリストが十字架に架けられ処刑された年齢です。





d0079151_0455297.jpgCasa Batlló

おまけでカサ・バトリョの写真も。
素敵な写真を沢山どうもありがとう!

バトリョは共有部の吹き抜けにある、
ブルーのタイルがとても好きです。
いつ観ても美しいです。
とても100年以上前のデザインとは思えない。
ガウディは本当に天才です。
ガウディは永遠に私にとっての巨匠です。

やっぱり私のお墓はスペインがいい。


Casa Batlló
Official Website:http://www.casabatllo.cat
[PR]

by another29 | 2010-02-08 00:56 | □Architecture

<< AIR PLANE AND S... at Roppongi >>