Medicine and Art



d0079151_0584512.jpg



怒濤の一週間が終わりました。貫徹はもうしんどい。やる気はあっても体力がついていかない。とても残念な感じです。
金曜日まで頑張った甲斐あって、土曜と日曜はお休みがとれた。土曜は何も予定がなかったのでアラームもかけずに爆睡してみた。
17時、おなかが減って目が覚める。でもコンビニに行くのも面倒なくらいだるい。だし寒い。家から出たくない。
私は家に食糧をストックしないというモットーがあるので冷蔵庫を開けても入っているのはビールだけ。
仕方が無いのでとりあえずビールを飲んでみる。空きっ腹に入れちゃったせいで酔いがぐるんぐるんまわる。
仕方が無いので部屋着にコートだけ羽織って家から30秒のセブンイレブンへ行くことに。
マンションのエントランスを出たら、なまはげに遭遇。酔いも一気に吹っ飛んだ。なぜ麻布十番になまはげが?
どうやら近所で秋田物産展を催していたようです。こどもが泣いちゃうなまはげ。大人でも充分泣けます。




d0079151_1205864.jpgMedicine and Art
Imaging a future for Life and love


掲載画像はすべて森美術館で開催中の医学と芸術展の内容です。
これは先週観に行って行きました。
ダヴィンチは勿論、ダミアン・ハーストが大好きなので。
KAWSの人体模型コンパニオンはダミアン・ハーストの
パロディだと私は確信しています。

こんなふうに医学と芸術を結びつけて考えていると、
人間がいかに神秘的で美しいのか思い知らされます。
人間が持つ機能を機械で構築すると東京ドーム一個分でも
足りないほどだということですから。人間はすごい。

トップ画像の作品タイトルは「老人ホーム」。
入居者のキャラがかなり濃いです。
こういったテイストの展示は優雅に美術館巡りをする方達にとって
どんな風に受け入れられているのか疑問ですが。
前回のAi WEI WEI展に引き続き私にとってはかなりツボです。

これからもMAMに期待しています。



Drip Bar at Roppongi

日曜日の今日は前回ブログにも書いたマンションリノベーションの打ち合わせで南青山へ。順調に進んでいます。
水槽を置きたいというお話は伺っていたのですが、今日お邪魔したらもう魚を購入されていました。
なんだか変わった形の熱帯魚(?)で、青の洞窟ばりのきれいなブルー。名前は…聞いたけど忘れました。

そのあと六本木まで散歩がてらドリップBARへ。これ、かなりかなりおすすめです。
5月に入院した際、生まれて初めて打った点滴の気持ちよさが忘れられなくて。病気になりたいなと思うくらい。
そしたら近所のクリニックで栄養ドリンクを飲む感覚で点滴を打てるドリップBARなんてものが!
色んなメニューがあります。因に今日はEnergine(活力を補充)とDetoxicate(身体の浄化)っていうものを打ってきました。
元気になりました!ちょっと高いけど、この気持ちよさのためなら安いもんです。みなさんも是非!
[PR]

by another29 | 2009-12-14 01:49 | ■Life

<< Wedding Party :... Wedding Celemon... >>