Ms.Kaori Kawamura




d0079151_2113148.jpg



2007年、芸能プロダクションのオフィスの設計の依頼を請けました。jungleというオフィス。社長は女社長。
とても奇策でとてもデザインに精通している方で、それは所属タレント・モデルの顔ぶれを観れば一目瞭然。
設計の打ち合わせに伺うたびに色んな話をしてくれました。
仕事をしていて幸せを得ること、失うこと。苦悩が沢山山積みになっても頑張る者のみが上に上がれるんだと。
当時、独立したての私に沢山の励ましと勇気の奮い立つような言葉をくれました。

そんな話の中で「ちょっと前まで川村カオリちゃんはうちの事務所に所属してたのよ」なんていうトピックがでて。
事務所の施工も終わり数ヶ月経ったある日、社長が「カオリちゃんがまた戻って来た」という報告を頂いて。
あーちょっとついてなかったかな。もう少し早く戻って来てくれてたら会えたのに!なんておもってみたりもしました。

しばらく経ってから川村さんは音楽活動に本腰を入れるとかで、吉川晃司さんのマネジメントオフィスに行ってしまいました。
社長と川村さんの信頼関係を考えると、なんだかこちらまで切なくなってしまいましたが。。

そしてまた時は経ち、今年の私の20代最後の誕生日。の3日後。川村さんからメールが届きました。
「海江田さん(社長)のオフィス、超かわいくしてくれて感謝です。」
もちろん、これだけじゃないけど、一度も会ったことのない川村さんからの言葉はとてもとても私を幸せにしてくれた。
いつか会えあたらいいな、なんて思っていたけど、それはもう叶わないんだと思うと涙が出る。

今こうして冷静に考えてみると、川村さんの存在はとても偉大で、私なんぞにメールしてくれたことは奇跡だと思う。

川村さん、メールだけじゃなくて、音のある会話でもっとたくさんのお話がしたかったです。
素敵で詩的な言葉が大好きでした。おつかれさまでした。頑張り過ぎたあなただから、ゆっくり休んでください。
[PR]

by another29 | 2009-07-31 01:51 | ■Life

<< According To What? Meguro no sanma >>